依頼されて編み出した技術

フィギュアスケートで投げ込まれる花は日本だけのものっていうのは初耳でした。
ちゃんとリンクまで飛ぶように工夫されている!ってこれは知っていました。
遠くまで投げられるようにおもりが必要なので、水をつけたスポンジがついています。
重さを出して投げやすくしたわけです。
初耳だったのは2つ目の工夫です。
投げても花びらが飛び散らないことが重要です。
花びらが散らばると氷の上で固まってしまい、次に演技する人の邪魔になる。
華全体をラッピングしている!
氷に当たっても破れないように分厚いセロハン、ひっぱっても離れないように厳重に包まれている。
22年前にスケート連盟から依頼されて編み出した技術で一店舗でしか作っていないんだとか。